5kg痩せるダイエットの食事

痩せたいというのは、多くの方が見た目の変化を求めています。
ですから1kg程度痩せても見た目に変化がないのでそれでは足りません。
個人差は大きくありますが、見た目に変化が出るのは5kgくらいからだと思います。

その為の食事について、カロリーで言えば

■1日1200キロカロリー(1食400キロカロリー)

と言われています。
もちろん「炭水化物抜き」「グルテンフリー」「お菓子などを食べない」
なども組み合わせて行うのが効果的です。
食材としては
・野菜
・果物
・豆腐
・きのこ
・ヨーグルト

などになりますね。

ダイエット後は。2週間ほど食事の量を減らしてリバウンドを防ぎましょう。
大丈夫なようであれば徐々に普通食事に戻します。

グルテンフリーとは?

最近、ダイエット関連の話で「グルテンフリー」という言葉が出てきますが、
「グルテンフリー」とはなんでしょうか?

グルテンフリーというのは、グルテンを使わない料理でダイエットをしようというものです。
グルテンとは、小麦粉に含まれるタンパク質です。
皆さんご存知の通り、小麦粉は太る要因ですからね。

パン、パスタ、うどん、シリアル、ケーキ、ピザ・・・女性の好きなこれらの料理にはグルテンが含まれています。
欧米ではこの「グルテンフリー」が流行っており、日本でも流行ってきています。
最近ではグルテンを含まない食品も数多く作られています。

そこで注目されているのが和食です。
「ごはん」も「グルテンフリー」です。肉や乳製品も「グルテンフリー」です。
ですがそういったものも太る人がいます。
そこでお勧めなのは「蕎麦」ですね。
蕎麦は「グルテンフリー」ですし太りにくいと思います。

和食の朝食でダイエット

和食のごく普通の朝食はダイエットに最適ですよね。
例えばまず
【お味噌汁】
具は豆腐と長葱。
【納豆】
葱を入れると美味しいです。
【生卵】
ご飯にかけても良いし納豆に入れても良いです。
【ご飯】
ダイエットの場合は少なくします。
【お新香】
お好みのものを。

このようなごく普通の朝食は、カロリーを控えられるだけでなく、
まず美味しいですし、さらに「飽きない」というのがポイントです。
ダイエット用の料理や食べ物は「美味しくない」「飽きてしまう」
というのがデメリットで、断念してしまう原因となっています。
その点普通の和食は抵抗無く続けられます。
あとは量を減らしたりして調節もできますね。

ダイエット料理の定番の豆腐料理【シンプルな豆腐の食べ方】

ダイエットをしている皆さんが食べる食材の中ではやはり「豆腐」が定番でしょうね。
低カロリーで体にも良く腹持ちも良いという素晴らしい食材です。
さらには「安い」「どこでも売っている」「そのまま食べられる」などのポイントもあります。
やはり「低カロリーで安い」というのが最大の理由でしょうね。
豆腐を食べる一般的な方法は
「醤油をかける」という「冷奴」ですね。
問題は「すぐに飽きてしまう」という所が辛いのですが、そんな時はアレンジをしてみましょう。
「おろししょうが」だけでも格段に美味しくなりますよ。
私は豆腐を温めてからしょうがと醤油で食べています。
安物の豆腐でも温めることで豆腐の甘み、旨みが出て美味しくなります。。
刻んだ長葱もあるとより良いですね。

【シンプルな豆腐の食べ方】
1:豆腐を湯せんで温める
2:おろししょうが、醤油、きざみ葱をのせてできあがり。

低カロリーのダイエットカレー|長戸千晶(チアキス)

長戸千晶(チアキス)です。低カロリーの「ダイエットカレー」を紹介している記事を読みました。

このダイエットカレーはカロリーが30%OFF、塩分が30%OFFでカレーのみで210kcalというカレーなのだそうです。
カレールーはフレーク状のものを使用します。
よくある市販のカレールーは、油で固められている為カロリーが非常に高いです。
しかしダイエット用のフレークのカレールーは脂肪が少ないのでダイエットに向いています。

作り方について
【材料】
・牛肉
・玉葱
・じゃがいも
・にんじん
・カレールー(クミン、セロリシード、カルダモンなどが入っている)

【作り方】
1:材料を切る
2:牛肉wp炒める
3:玉葱、じゃがいも、にんじんを炒める
4:炒めた材料を水で煮る
5:カレールーを入れる
6:煮込んでできあがり。

さらに低カロリーにこだわるのなら、材料を炒めずに最初から煮込んで油をカットしても良いですね。

 

ダイエット中のおやつは「くるみ」!|長戸千晶(チアキス)

100%国産よもぎのよもぎ茶(ハーブスチーム)

くるみを「ダイエット中のおやつ」にしている人が多いそうです。
くるみはエネルギーを高く脂肪は多く含んでいるのですが、良質な脂肪(多価不飽和脂肪酸など)の為、ダイエット中でも食べる方が多いようです。
肥満の予防、コレステロールの低下などの効果があります。
くるみの栄養素はビタミンB1B2やマグネシウム、マンガン、銅などがあります。
最近ではくるみを加工したお菓子が沢山売っていますし、そのままでも手軽に食べることができます。

さらに、「緑茶」と合わせて食べるとさらに身体に良いのだそうです。
緑茶には油脂類の抗酸化の効果がある「緑茶ポリフェノール」がありますからね。
脂肪や糖の代謝が改善するという実験結果があったとのこと。
おやつの時間はくるみを食べながらお茶を飲む。。。ということですね。

 

ダイエットで話題の「カリフラワーライス」とは?|長戸千晶(チアキス)

体組成計

長戸千晶(チアキス)です。「カリフラワーライス」でダイエット!

最近「カリフラワーライス」というのが、ダイエットで炭水化物を控えている人に人気のようです。
「カリフラワーライス」とは、カリフラワーを3~5mmにみじん切りしたもののことです。
これを「炭水化物の代用食」として食べている人が増えているようです。
人気の秘密は高い栄養価にあります。
カリフラワーはビタミンCが豊富なアブラナ科の植物です。
さらに、「カリフラワーライス」と言われる理由としては
・色の白さ
・ほくほくな食感、腹持ちが良い
・淡白な味
・ぱらっとしてタイ米みたい
などの特徴があります。
カリフラワーライスのつくり方は、
カリフラワーを細かく切り、電子レンジで1分加熱。火が通れば完成です。
チャーハンなどを作るのがお奨めだそうです。
さらに牛乳の中で火を通しながら潰すと「マッシュポテト」ができます。
本物のマッシュポテトとそっくりのものが出来上がるようです。